ダイヤ買取の口コミを見てみよう

ダイヤ、それは宝石の王様。

記録上婚約指輪として初めてダイヤの婚約指輪を贈ったのは、15世紀のオーストリアの皇太子だと言われています。

これ以降、「ダイヤモンド=愛のあかし」として広く定着する事になりました。

「愛のあかし」を売るのはしのびませんが、どうせ売るなら高く買取してほしいのは誰もが思う事ですよね。

中国人による爆買は、円安で宝石も爆買の対象になっています。

インドでは男性でも宝飾品を身につけるのが普通なので、
中国もインドもバブルで買取価格も上がり続けていて円安の今、売ってしまいましょう。

また、ダイヤモンドは炭素で出来てるので火事になったら燃えます。

金とかなら溶けて残りますけどね。

では、どうすればよりダイヤモンド買取店などで高く売れるのか。

まず一つ目は、まとめ売り。

まとめて売れば上乗せしてくれる事も多く、額も高額になります。

二つ目は、鑑定書。

物によっては5割もプラスされる事がありますので、
ダイヤをこれから買う方は絶対に、鑑定書は取っておいてくださいね。

最後に、買取ってもらう時の注意点。

店選びで「ダイヤを裏に持って行く店はやめる」ということ。

鑑定人がプロでなく価値判断できないので、裏で調べて確認している可能性がとても高いからです。

プロの鑑定士がいるお店で売ったほうが確実に高く売れますし、安心です。

買取タマの口コミ

買取タマは、宅配買取を主に買取事業を展開している業者です。

買取タマの口コミサイトでも多くの支持を得ており、口コミが口コミを呼び、利用者を多く獲得しています。

ここに実際の買取タマを利用した人からの口コミをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

50代女性の方からです。

「使わなくなったジュエリーを買取タマに買い取ってもらいました。

近くに買取店はありますが、あまり入りやすい雰囲気ではないのと、忙しく査定してもらっている時間がないのも買取タマを選んだ理由です。

買取タマはゆうパックを利用して買取をしてもらえるのでわざわざ来店する必要もないですし、自分の都合で買取をしてしまえるのが私に合っていました。

実際、サービスも満足していますし、何より高額で買い取ってもらえたのがポイントですね。」

60代男性の方です。

「買取初心者の私でも、丁寧な説明があったので安心して買取タマにお願いすることができました。

インターネットも見やすく、申込書非常に簡単でした。

迅速な対応が行われましたので、不安を抱えず手続きできました。

思った以上の高額査定に驚き、また買取を利用するようなことがあったならば、ぜひ買取タマに依頼したいと思っています。」

ヴァンクリーフについて

ヴァンクリーフは、アクセサリーや時計などのジュエリーのブランドです。

そのはじまりは、1895年にまでさかのぼります。

創業の開始は、ヴァンクリーフとその妻が始めた、小さなジュエリーショップでした。

当時、ジュエリーは女性が身に着けるイメージが強かったアイテムでした。
それを男性用にデザインしたことで、一気に注目が集まりました。
そのジュエリーは、瞬く間に人気が出て上流階級の紳士の中で大流行しました。
その後、宝石の加工技術が向上して一般階級にもジュエリーが浸透します。
そして、このブランドは男性のアイテムとして定着していきました。
それは、現在のジュエリー市場にも大きな影響を及ぼしています。
ヴァンクリーフ独特の、風格がありながらも繊細なジュエリーは世界の男性に広く支持されています。
ヴァンクリーフの代名詞はサファイヤです。
創業者は、この青い宝石のとりこになりました。
そして、独特の加工技術によってサファイヤがより美しく見えるカットを生み出しました。
男性の時計やアクセサリーは、女性ものより大ぶりになりがちです。
しかし、大きめながらも華美になりすぎない洗練されたデザインが特徴です。

1980年代からは、フレグランスも販売しています。

非情に人気の高いブランドなのでクロムハーツカルティエなどの高級ブランドにならんでジュエリーファンで高額買取りが期待できるという魅力もあります。